MENU

脳の働きに効果的なレシチン

レシチンは、人間の細胞の一つ一つの細胞膜に使われている栄養素で、肝臓や脳神経、血液の退社にもかかわっています。
レシチンには、最近までコリンと呼ばれてビタミンB群に分類されていた物質が入っています。
この物質には、脳や神経の働きを活発にする効果があるため、レシチンは健脳食といわれ、受験生や頭を使う仕事の人や、認知症予防にかかせません。


また、コレステロールや中性脂肪の代謝を良くする働きもあって、高脂血症や脂肪肝、動脈硬化の予防、肥満の防止や改善にも有効です。
体の組織の老化を防ぐ、抗酸化作用もあります。

レシチンを多く含む食材は?

レシチンが多い食品は、大豆や豚のレバーなどです。
卵黄にも含まれますが、コレステロールが多いので、大豆製品がおすすめです。
大豆にはレシチン意外にも、コレステロールを低下させる成分のたんぱく質や大豆サポニンが含まれるので、より大きな効果が期待できます。
サプリメントは、食事のたびにとるか、大豆製品を食べなかったときに補う形で取るのが良いでしょう。