MENU

生活習慣予防に役立つEPA&DHA

ほとんどの現代病を予防または改善する効果があるといわれているのがEPAとDHAです。
その効果は次のようなものです。


脳細胞の働きを活発にする、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化や血栓ができるのを防ぐ、血圧を下げる、がんの予防、アレルギーや、関節炎による炎症を抑えるなどの効果があります。


これらの働きによって、記憶力や学習能力が上がったり、認知症の予防、脳梗塞や心筋梗塞の予防、高脂血症や高血圧の改善などが期待されます。
不足すると、アレルギー症状や炎症を起こしやすくなったり、主要に対する抵抗力が弱まります。

スポンサードリンク

EPA&DHAを多く含む食べ物は?

食べ物では、脂の乗った魚に多く、特にサバやイワシ、サンマ、鰹などの青背の魚からとることができます。
サプリメントで摂るときは、毎食後にとるか、魚のオカズがない食事の時に補う方法がお勧めです。

スポンサードリンク

EPADHAに注目があびたのは、アザラシを多く食べる外国の地域の人たちに、脳梗塞などの血管障害がほとんどみられなかったためです。
最近ではEPA・DHAサプリも、人気を集めるようになりました。
みなさんも高血圧があるのなら、サプリだけに頼らずに、日頃から血圧を下げるような生活習慣も一緒に取り入れていくとさらにいいですね!

スポンサードリンク