MENU

便秘・肥満を予防するファイバー(食物繊維)

ファイバーは、以前は食べ物のカスとして扱われ、役に立たないものとされていました。
しかし現在では、不足するとさまざまな生活習慣病を引き起こす、大切な機能持った栄養素として評価されるようになっています。
ファイバーは、体内の有害物質を排出したり、カロリーの取りすぎを防ぐ、コレステロールや糖の吸収をコントロールする、便秘を解消するなどの働きをします。
その結果、肥満や糖尿病、高脂血症、動脈硬化、大腸がんなどを予防します。


ファイバーには、水に溶けない不溶性と水にとける水溶性の2種類があります。

食物繊維を多く含む食べ物は?

多く含まれる食べ物は、玄米などの加工されていない穀物、野菜類、豆類、根菜類、きのこ類、果物、海藻類、おから、きな粉、エビやカニの殻などです。

スポンサードリンク

昔の日本人の食生活では、ファイバーは十分に取れていましたが、欧米食や外食、丼ものなどの一品料理では不足しがちです。
意識して補うようにしましょう。サプリメントで補給する量の目標は1日4〜9gです。
取りすぎるとミネラル不足になるので要注意です。
粒のものやドリンクなど多様なので、自分に合ったものを選びましょう。

スポンサードリンク

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は水にとけて、ヌルヌルとした食物繊維です。
果物のペクチンなどが、そうです。
不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維です。
ごぼうなどの繊維質に多く含まれます。
どちらも、体外へ不要なものを排出する効果があります。

スポンサードリンク