MENU

体を作る大切な栄養素プロテイン(たんぱく質)

たんぱく質の英語プロテインはギリシア語の第一のという言葉が語源です。
文字通りたんぱく質は、人間の体を構成する、筋肉、骨、血液、爪、髪、皮膚、酵素、臓器などすべての細胞の素です。

 

たんぱく質が不足すると、体力がなくなったり、脳の活動が鈍くなって記憶力や思考力が低下する、うつ病や神経症になりやすいなどの障害が出てきます。

 

たんぱく質は、肉、魚、豆類、穀物などに多く含まれます。食事で摂ったたんぱく質は、消化されて最小単位のアミノ酸に分解され、必要な場所でそれぞれの働きをします。
アミノ酸は全部で20種類あり、そのうちの8種類は体内では合成できない必須アミノ酸です。
アミノ酸の組み合わせは、食品によって違いがあり、体内での働きも違います。
食品に含まれるアミノ酸を評価するのがアミノ酸スコアです。アミノ酸スコアが高いほど利用効率が良い食品といえます。サプリメントは粉末のものが多く、牛乳などに混ぜてとるのが一般的です。1日の摂取量の目安は、体重(kg)の10分の1gですが、子供と高齢者は多めに取ります。

スポンサードリンク

必須アミノ酸、アミノ酸スコアとは?

たんぱく質は、摂った量のすべてが使われるわけではありません。
必須アミノ酸では、8種類のうちで一番摂取量が少ないアミノ酸のレベルまでしか利用できないのです。
アミノ酸スコアは、それぞれの食品のアミノ酸の構成を、理想的なアミノ酸の組み合わせと比較して判定し、パーセンテージで表した数値です。


スポンサードリンク

アミノ酸スコアが高い食品は、肉や魚介類、卵、乳製品など動物性のもので、植物性の穀類や豆類などは低めです。
植物性のたんぱく質をとるときは、動物性のものを組み合わせることで不足分を補えば、利用効率をアップさせることができます。例えば、ご飯に焼き魚、豆腐の味噌汁といった組み合わせは理想的な献立です。
しかし、あくまでも食事のバランスは、くずさないように心がけましょう。
そのほうが、吸収もよく健康にもよいです。

スポンサードリンク