MENU

骨や歯を丈夫にするカルシウム

カルシウムの効果

カルシウムは、骨や歯を作るほか、精神を安定させてイライラを沈めたり、心臓の鼓動を規則的に保つ、筋肉をスムーズに収縮させる、血液を弱アルカリ性に保つなどの働きのあるミネラルです。
カルシウムは、日本人の平均的な摂取量が、過去20年以上の間、必要最低限の諸要領の600mgを満たしたことがない、唯一のミネラルです。


カルシウムは取りすぎてもよくありません。


スポンサードリンク

カルシウム不足が続くと、、、どうなるの?

カルシウム不足が続くと、歯や骨がもろくなったり、骨の質が悪くなることから腰痛や肩こりも起こります。
血行や血液に影響が出ると、高血圧や動脈硬化の原因になります。
だるい、怒りっぽいといった神経症状も出ます。

スポンサードリンク

カルシウムの多い食べ物は?

食べ物では、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品、ブロッコリーイワシや公魚などに多く含まれます。
サプリメントで摂るときは、カルシウムの働きを助けるマグネシウムや、吸収を良くするビタミンDと一緒にとると良いでしょう。
一つのサプリメントにあわせて配合されているものなら、摂取バランスの面でも安心してとることができます。

スポンサードリンク