MENU

食べるお風呂の別名を持つビタミンE

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、抹消の血管を拡張させ、全身の血液循環を良くし、冷え性や肩こりを改善します。
なので、食べるお風呂ともいわれる由来があります。
抗酸化作用も強く、肌のたるみやシミを防ぐので、若返りのビタミンとも言われます。
生活習慣病の予防や改善にも有効です。

 

どんな食べ物に多い?

ビタミンEは食べ物ではピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、緑黄色野菜、サフラワー油や小麦胚芽油などの植物性の油に多く含まれます。

なるべく天然のビタミンEサプリのほうがいい

サプリメントのビタミンEには天然のものと化学合成のものがあります。
効率が良いのは天然のほうで、合成のものより2倍近い効力があります。
天然のものにはd-aトコフェロールという表示があります。同じように抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンCと一緒にとるとより効果的です。
肩こりや冷え性、美容に興味のある女性はおすすめのビタミンとなっています。