MENU

代謝の要となるビタミンB群

ビタミンB群には、B1、B2、B3、B6、B12、パテント酸、葉酸、ビオチンという8つの種類があり糖や脂肪のエネルギー代謝に欠かせないビタミンです。
精神や神経の健康にもかかわっているので、不足すると、イライラしたり、落ち込みやすくなったりします。
また、頭の働きにも影響します。B群は、ビタミンの中でも、日本人に最も不足しているといわれています。

 

ビタミンB1は糖質の燃焼に必要です。不足すると、全身がだるくなったり脳のエネルギー供給に影響が出て、怒りっぽくなったり不安感が大きくなったりします。

 

ビタミンB2は、脂肪の代謝に欠かせません。たんぱく質の代謝にも関係していて、細胞の再生を助けたり、皮膚や粘膜を守る働きもします。不足すると、肌荒れや湿疹、口内炎や口唇炎ができやすくなります。

スポンサードリンク

ビタミンB6は、脂肪やたんぱく質の代謝を促し、脳の活動にもかかわっています。
不足すると、物忘れや手足の痺れなどが現れることがあります。

 

ビタミンB12は葉酸とともに血を作ったり、神経を保護する作用があります。
腰痛や肩こりの回復にも役立ちます。

 

ビタミンB3(ナイアシン)には血行を促進して脳神経の働きを高める効果があり、パントテン酸には疲労を防いだり、免疫力の強化、傷の直りを良くするなどの働きがあります。

 

スポンサードリンク

ビオチンは、糖質や脂肪、たんぱく質の代謝を助け、健康な皮膚や髪を保つ働きをします。

 

ビタミンB群は、8種類すべてが配合されているサプリメントがおすすめです。水溶性のビタミンなので、朝とっても夕方には尿とともに排出されてしまいます。朝夕の食事のときに補給しましょう。
※ビオチンは、生卵の卵白と一緒にとると吸収されないという性質があるので、気をつけましょう!


スポンサードリンク