MENU
サプリメントは飲んでるだけでは働かない。サプリを効果的に働かせるには代謝アップが重要!

運動することで、代謝があがる

スムーズな代謝のために飲むサプリメントの効力を十分に発揮させるには、運動も大きな役割を果たします。
運動は、エネルギーの代謝に直接かかわりますが、基礎代謝量をアップさせる作用もあります。
運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動を連想されるかもしれませんが、基礎代謝にかかわる運動は、筋力をつける効果のある、ダンベル体操などのレジスタンス運動です。
筋力がつくと、基礎代謝量が増えるだけでなく、エネルギー代謝も増加するのです。


 

 

スポンサードリンク

 

筋力がついたら有酸素運動でエネルギーを消費する


有酸素運動は、脂肪を燃やすのに適した運動ですが、ある程度の筋力がついてから行うと、より効果的です。
脂肪の大半は筋肉で燃焼されます。同じ運動をしても、筋肉の量が多ければ、消費されるエネルギーはそれに比例して増えていきます。ですから、有酸素運動の効率も良くなるのです。
軽く息が弾むくらいの強さで、20分以上状態を動かすのが有酸素運動のポイントです。
ウォーキングやサイクリング、水中歩行など、週2〜3回から始めましょう。


代謝をスムーズにするには、サプリメントを飲みながら1日3度の食事(和食がよい)運動(筋肉をつけるレジスタンス運動)で基礎を作ります。
睡眠、精神の安定(ときにはヨガや座禅をしてみるのも良い)、コミュニケーションなど生活全体のバランスを要することが大切です。



スポンサードリンク

 

睡眠は新陳代謝をよくする


新陳代謝をよりスムーズにするために必要なのが、睡眠です。睡眠中はエネルギー代謝が活発になります。
この時期に、体の組織が作られますから、夕食で、体の細胞のもとになる、たんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかり摂っておくことが大切です。


睡眠時間は継続して6時間以上が理想ですが、現代社会では、なかなか実行できないかもしれません。

 

眠れない原因には、ストレス、コーヒーや紅茶の飲み過ぎ、15時以降の昼寝、寝室の高温多湿などがあります。
アルコールの飲みすぎも睡眠の質を悪くします。


自分の問題点を見つけ、できるだけ安眠できるように工夫しましょう

スポンサードリンク

サプリメントの効果を上げる方法関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
1日のサプリメントの量
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など