MENU

小学校に上がるまではサプリメントにたよらない

サプリメントをは6歳を過ぎてから。乳幼児は食事の基本をマスターするのが先。

サプリメントは、0歳から6歳までは、補給しないのが基本です。
この時期は、食費の取り方をみにつけることのほうを優先させます。
この時期の子供は脂肪が必要ですが、食の好みや偏り、食欲のばらつきが出始める時期でもあるので、大人は、不足しがちな栄養素を見極め、偏りがひどければ、必要に応じてサプリメントを使いましょう。
補給したいサプリメントは、全種のビタミン、マルチミネラル、プロテイン、EPA、DHA、レシチン、ファイバーの6種類です。


妊娠前から授乳期終了までは摂取したい


赤ちゃんのためのサプリメント補給は、妊娠する前から必要です。
お母さんの栄養不足は、胎児の発育や成長に大きな影響をもたらすことがわかっています。
特に妊娠10週までが重要です。
脳や脊髄などの中枢神経、心臓、手足は7週までにできますが、これらの生涯の大半は10週までに発症するからです。
全種のビタミン、カルシウムと鉄を含むマルチミネラル、プロテイン、DHA、EPA、レシチンの6種類のサプリメントはとってください。



乳幼児

基本的にサプリメントは飲まなくても良いのですが、栄養が足りないときなどはサプリメントをとってもいいでしょう。その場合はDHA、EPAとレシチンは大人と同様、それ以外は半分くらいに調節します。
粒のままではのどに詰まることがあるので、砕いたりして食事に混ぜてもませましょう。



6歳から10歳

小学校入学から10歳くらいになると、粒のままでも飲めますが、大きなものは割ってあげましょう。
取りたいサプリメントは、全種のビタミン、マルチミネラル、プロテイン、DHA、EPA、レシチン、ファイバーの6種類で、DHA、EPAとレシチンは大人と同量、それいがいは4分の3にします。



小学校高学年から高校生

小学校高学年になったら6種類を大人と同じ量の見ます。
中学生になったら徐々に増やし、高校1年で大人の1.5倍を採るのが理想的ですが、ミネラルは大人と同量を守ります。
その後は徐々に減らして大人と同じにします。


高校卒業から60歳くらいまで

成人してから初老期までは、基本となる大人の摂取量ですが、薬との飲み合わせに注意しましょう。


老年期以降

老年期以降は、基本は成人と同じです。
新陳代謝の低下にあわせてプロテインを多めにしたり、DHA、EPAとレシチンで生活習慣病をイチョウ葉エキスで認知症を予防しましょう。

サプリメントと年齢について関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
1日のサプリメントの量
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。