MENU

サプリメントを飲んで副作用が出た場合

サプリメントを飲み始めると、今までになかった症状が出ることがあります。
症状によっては、そのサプリメントの摂取を一時中止したほうがいい場合もあります。


手が黄色くなり、頭が重く全身がだるくなります。

サプリの効果を全く感じられません。


ベータカロテンやビタミンAの摂取によるものと思われます。
ベータカロテンやビタミンAのさぷりを一時お休みしましょう
これらの症状が改善されてきたら少しずつ元に戻しましょう。



 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

サプリメントを飲み始めて、尿が黄色くなってきたのですが



ビタミンB2の色なので問題はありません。
ビタミンを飲むと尿が黄色くなると思われがちですが、黄色くなるのはビタミンB2を飲んでいるときだけです。
ちなみにビタミンB12は赤い色がついていますが、尿の色には反映されません。



ビタミンのサプリメントを飲み始めてしばらくしたら、発疹が出てきたのですが、、、


 

 

スポンサードリンク

ビタミンB3のフラッシュという現象です。
空腹時にビタミンB3を大量に摂取すると、ビタミンB3の血中濃度が一定の範囲を超えることがあります。そうすると起こる現象です。
もし、この現象が起きたら、水分をしっかり補給し、30分くらい様子を見ます。発疹が消失する傾向にあるような大丈夫です。
もし息苦しいようなら病院へ行ってください。

スポンサードリンク

サプリを飲んで副作用がでたら関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
1日のサプリメントの量
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。