MENU

サプリメントはいつ飲むのがいいの?

サプリメントは食事を補うものですから、食事と一緒に飲むのが効果的です。
食事の直前、食中、食後、どのタイミングでも構いません。

朝起きて日中仕事をする人の場合は、朝食時に飲むサプリメントを多くするのがベター。特に1日1回のサプリメントは、朝に飲むものがほとんどです。
夜の仕事の人は、これを夕食時にずらすと良いでしょう。仕事の時間が不規則な人は、仕事の前の食事を一般的な人の朝食に置き換えてサプリメントを飲むのが効果的です。

ビタミンは朝・夕、プロテインは朝食時に

サプリメントは、食事と同じタイミングでとるのが基本的な考え方です。食事と一緒なら、吸収率も良くなるからです。
栄養素は、それぞれに性質がありますから、それにあわせて飲むことも大切です。
ビタミンB群とビタミンCは水溶性で代謝が早く、朝取っても夕方には尿に排出されてしまいますから、朝・夕の補給が必要です。


プロテインは、朝食のときに牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むのが一般的です。筋肉をつけたい人、成長期の子供は、夕食時か運動のすぐ後に取りましょう。
ファイバーは、毎食時の補給が理想的です。レシチンは、代謝のためには夕食時に取りましょう。メニューに大豆製品がなかったときには、多めに取ります。

ビタミン、ミネラル、プロテインから始める

必要なサプリメントを最初から全部とるのは大変です。少しずつ段階を踏み、補給する種類を増やしていきましょう。
最初のステップで取りたいのは、マルチビタミン、マルチミネラル(カルシウム・鉄含む)、プロテインです。これらを朝食時に一度に取ります。1日3回という表示のものは朝・昼・夕の食事のときに取ります。


慣れてきたらサプリの種類を少しずつ増やしていく

優先順位1位のサプリメントをとるのに慣れたら、特に効果を感じなくても次のすってぷに進みます。
ここではバラのビタミンとしてビタミンAかβカロテンまたはマルチカロテン、Bコンプレックス、ビタミンC、ビタミンEの4種類をプラスします。

ビタミンAとビタミンEは朝、BコンプレックスとビタミンCは、1日にとるおすすめの量が1個なら朝、2個なら朝・夕、3個なら朝・昼・夕です。
このあたりで、少し体調が良くなったと感じるケースが多いようです。


次のステップでプラスするのはファイバーです。
1日に4〜9gを目標に、3回の食事に分けて飲みましょう
最後のステップでプラスするのは、EPA、DHAとレシチンです。おすすめの量が複数であれば朝と夕に分け、1個の場合は夕食のとき飲みます。
それぞれのステップは、1週間くらいを目安に勧めましょう。

容器に明記されている摂取量は必ず守る

サプリメントは、パッケージに、1日のおすすめの摂取量が表示されています。この量は、ほとんどのメーカーが、理想摂取量を超えないように設定しています。この常時に従っていれば、過剰症などの心配はまずありません。


栄養素の量はは同じでも、粒やカプセルなどの大きさによって、メーカーごとに取る数が違うことが良くあります。お勧めの取り方が、毎食後、朝・夕、あるいは1日1回などと指示してあります。一番効果的な飲み方が示されているので、それに従いましょう。

サプリメントを飲むタイミング関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
1日のサプリメントの量
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。