MENU

1日に必要な栄養成分の所要量と理想摂取量について


スムーズに代謝をおこうな溜めの補給量がある


食事で摂ったカロリーがきちんと代謝できないことは、生活習慣病の原因の一つとして重大な問題です。
サプリメントを有効に使い、代謝をスムーズにするためのポイントになるのが、どのくらい分量を補給するかということです。

サプリメントを摂るときに大切な数値として、所要量、理想摂取量、許容上限摂取量の3つがあります。
所要量は、欠乏症を防ぐための最低必要量。
理想摂取量は、正常な代謝と健康保持のための量、
許容上限摂取量は、薬理作用を期待して摂取るる量という意味です。


摂取量が少ない栄養素はサプリメントで補給


例えばビタミンCの理想摂取量は、1日1000mgですが、実際の摂取量はそれに足りません。
それをレモンで補おうとすると、レモンを何十個も食べなければならず現実には無理です。
欠乏症の範囲にあるカルシウムも、食品で取ろうとすると、同時にカロリーも摂取することになってしまいます。
ところがサプリメントを使えば、2〜3個で済み、余分なカロリーを取ることもありません。
足りない栄養素の補給にはサプリメントが有効です。


食事との食べあわせでサプリの量は加減したほうがいいのか?


食事で取れる栄養素の量は種類は、メニューによって違ってきますから、それにしたがってサプリメントの摂取量を調節しても良いでしょう。
和食では炭水化物が中心になるのでこれをきちんと代謝させるために、ビタミンをしっかり取ります。

大豆製品やさなかのオカズがあったときは、EPA&DHA、レシチンは少なくしても大丈夫です。
洋食は脂肪やコレステロールが多いので、EPAやDHA、レシチン、ファイバーを多めに補給し、和洋折衷の場合はプロテインとカルシウムを多めに取ります。

1日のサプリメントの量関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。