MENU

サプリメント似副作用はある?ない?

サプリメントは、メーカーが進める摂取量を守って摂っていれば、副作用の心配はほとんどありjません。
過剰に摂取したときには、副作用が表れることがあります。
たとえばβーカロテンの摂取量が多すぎたときには、手が黄色くなったり、頭が重い、全身がだるいなどの症状が出ることが利ます。症状が治まるまで単品で摂るのをしばらく休み、少量から再開しましょう。ビタミンB2の影響で尿が黄色くなることがありますが、これは副作用ではありません。

スポンサードリンク

でも、無認可の成分だけは注意が必要!

しかし、いくら安全だと思っていても、無認可の成分が含まれているサプリは、なにがあるかわかりません。
無認可のサプリと言うのは、言ってみれば海外から輸入されたサプリです。
いくら、他の人が大丈夫だったといっても、サプリは個人差があったりして、どんな副作用があるかわかりません。
なので、海外からのサプリで、さらに無認可のものは飲まないようにしましょう。

スポンサードリンク

ダイエットサプリはとくに要注意!

とくに、ダイエットサプリは、無認可の成分を入れられる場合が多いです。
(海外のサプリ)
ダイエットという言葉は、人の判断を鈍らせることがあるので、十分に注意しましょう。
どうしても、ダイエットサプリを飲みたいのなら、せめて日本国内のサプリでなおかつ、信頼のある販売会社・製薬会社からの購入をおすすめしておきます。

スポンサードリンク

サプリメントに副作用は?関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
サプリメントのメリット・デメリット
メリットやデメリットも知っておこう!
1日のサプリメントの量
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。