MENU

サプリメントは不足した栄養を補う栄養補助食品と考える

サプリメントは、薬ではなく食品

 

現代の食の問題点である、副栄養素の不足を補い、スムーズな代謝が行われるようにサポートするために作り出されたのが、サプリメントです。
サプリメントは、粒やカプセルの形のものが多いので、薬と同じものと誤解されがちです。
しかし、薬とは治療を目的とした、薬理作用と持つものですが、サプリメントは、食事では補給しきれない栄養を帯びなうものという、決定的な違いがあります。
サプリメントは、食品の一種なのです。食事のようにあ満腹感があったり、味や香り、食管を他の住むものではないという性質からも、食品と薬の間にあると考えると良いでしょう。

 

サプリメントはローカロリーで栄養だけを摂れるスグレモノ

 

食事では、十分取れない副栄養素を、別の食品で補おうとすると、摂取カロリーが増えてしまいます。
サプリメントは、カロリーをできるだけ含まず、必要な栄養素だけ尾効率よく補給できるように加工されています。
食品のカロリーのある部分を取り除いて作られた逆加工食品ともいえるのが、サプリメントなのです。

 

スポンサードリンク

 

サプリメントのメリット

副作用が少ない

薬に比べて副作用ははるかに少ないので、より安全です。
ただしパッケージに指示された服用量は守りましょう。

 

携帯に便利

粒やカプセルのものが多いので、普段の外出から旅行、レジャーにも手軽に持っていけます。

 

食欲がなくても摂れる

病気などで、食事が取れないときや、カロリー制限しているときでも、必要なだけビタミンやミネラルが補給できます。

 

飽きがこない

味がないのが基本なので飽きることがなく、長期間継続して摂ることができます。

 

 

サプリメントのデメリット

 

咀嚼があまりない

粒上で、水と一緒に飲み込むのが普通なので、かむことによって得られる満腹感や味を楽しむことができません。

 

スポンサードリンク

のどに引っかかる

種類によっては粒が大きく、子供や飲み込むのが苦手な人はひっかかってしまうことがあります。

 

規定量が決まっている

極端にたくさん飲んだり、他の薬との飲みあわせで副作用が起きることがあります。
服用量を守り、薬との併用廃止や薬剤師に相談しましょう。

スポンサードリンク

サプリメントのメリット・デメリット関連ページ

サプリメントとは?
サプリメントとは?知っていそうで知らないサプリメントの定義
サプリメントに副作用は?
サプリメントの法律上の定義
サプリメントについて法律上の定義とは
サプリメントQ&A
サプリメントの疑問にお答えします。
サプリメントにはどこにどんな風に効くの?
1日のサプリメントの量
サプリメントを飲むタイミング
サプリは何で飲むのが一番いいの?
サプリを飲んで副作用がでたら
サプリメントと年齢について
サプリメントの適正年齢など
サプリメントの効果を上げる方法
サプリメントはただ飲むだけでなく、その後の行動によって、効果を上げることができます。