MENU

体のためには、昔ながらの和食が理想の食事

洋風の食材やメニューは本来日本人の体に合わない

 

今の日本の食卓には、成果中のさまざまな国の料理が並ぶほど、食生活はバラエティーに富んでいます。
生活全体に欧米の文化が取り入れられ、毎日の食事にも洋風の食材やメニューが並ぶようになっています。
しかし、こうした食事は、現代食の大きな問題である栄養過剰の栄養失調の原因の一つでもあります。
日本人の代謝システムを正常に機能させるのに適している食事は、日本人が長い時間をかけて作り上げた和食です。和食は脂肪が少なく栄養バランスの良い健康食です

 

スポンサードリンク

 

特にご飯は理想の食品

 

和食の中でも特に優れたものは、主食であるご飯です。
ご飯をたくさん食べていた時代、日本に肥満の人はほとんどいませんでした。
ご飯には、いろいろな食べ方があります。一般的なのは白米ですが、精米の家庭で副栄養素が削られてしまっているという弱点があります。
きび、あわ、ひえなどの雑穀を混ぜてみても良いでしょう。
玄米や発芽玄米、麦芽マイ、麦など、副栄養素などのメリットの多い穀物も試したいものです。白米と混ぜてもよいでしょう

 

ごはんの栄養効果はこんなにすごい

 

便秘解消

何消化性デンプン質と食物繊維が超を直接刺激性手、ぜん動運動を促す。

 

食べ飽きない

淡白な味なので、毎日食べても飽きることがない

 

代謝のバランスがよい

パスタや麺類、パンに比べて、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んでいる

 

どんな食材とも一緒に食べられる

魚や肉、野菜などどんな素材、どんな味のオカズともぴったり合う

 

満腹感が得られる

良くかむことで唾液が分泌され、でんぷんが当に分解されてイに運ばれ、満腹中枢を刺激する。唾液と混ざってカサが増え、満腹感につながる

 

脂質エネルギーも少ない

100gのご飯に含まれる脂肪はわずか0.5gで、148kcal。パンは100gで260cal。

 

レジスタントスターチは太りにくい

ご飯に含まれるデンプンのうち、アミロースは難消化性デンプン質(レジスタントスターチ)で、糖として吸収されないので太りにくい。

スポンサードリンク

一口に調味料といってもよしあしがある

 

食べ物をより美味しくするために、調味料は欠かせません。
しかし、調味料によってはカロリーが高かったり、副栄養素が少ないものもあります。
塩は、精製された食卓円よりも荒塩や天然塩、サトウは、白砂糖より黒砂糖や、キビサトウを使えば、ミネラルが補給できます。
醤油や味噌、酢のような発酵調味料、昆布やかつお節などのだしを使うのもお勧めです。
和食に合う調味料は、カロリーが低く、副栄養素が取れるものが多いので、積極的に使いたいものです。
また、ショウガやわさびなど、薬味やスパイスを利用すると、調味料の使いすぎを防ぐことができます。

調味料は、調理という加工をすればするほど、使う量が増えます。シンプルな料理と味付けを心がけることも大切です。

 

 

水分補給も大切。ただし清涼飲料水は控えめに

 

人間の体の成分の70%は水分です。
水分を補給することも、生きていくうえでは欠かせないことです。
日常の水分補給の基本は、お茶などの飲み物、味噌汁やお吸い物、料理に含まれる水分、水、豆乳や牛乳、これら5種類です。
お茶は食事やおやつのときに、1日湯のみで、5〜6杯飲むのが適当です。豆乳や牛乳は飲み過ぎないようにします。
それ以外にオプションとして飲むものがあります。これらは目的にあわせてのみ、習慣にはしないようにしましょう。
スポーツドリンク
入用やスポーツ、夏の暑い日など汗を書いて脱水状態になるときや、それが予想されるときに飲みましょう。
コーヒー、紅茶
気分転換に。おやつのときは砂糖やミルクを控えます。

 

清涼飲料水や、サトウやブドウ糖の多いジュース類、アルコールは、基本的に毎日取る必要なない飲み物です。気分転換に飲むときも飲みすぎてはいけません。

 

日本人の遺伝性から欧米職への重農は難しい

 

日本人は、数千年に及ぶ長い歴史の中で、特有の代謝システムと遺伝性をつくり上げてきました。
それは消化しにくい穀物から栄養素を取り込むための長い腸や、乳糖を分解しにくい体質、飢餓に備えて 脂肪を溜め込みやつい倹約遺伝子などです。
代謝に必要なホルモンのインスリンの分泌がゆっくりなことも、穀類を食べるのにむいています。
こういう体質を持った日本人にとって、欧米食はカロリー過剰で、肥満を招くだけでなく、臓器にも負担がかかります。さまざまな生活習慣病の原因にもなります。

 

 

ベストな食事を摂るための8つのポイントはこれ

 

  1. 1日3色のうち、2色以上は和食にする
  2. ご飯の料は、男性4膳、女性3膳以上を目安に
  3. オカズは、海の幸、山の幸、陸の幸を(量より種類を重視)
  4. 毎食食べたい物は、ご飯、味噌汁、豆類、魚介類野菜です。
  5. 水分補給と間食のルールを守る
  6. 調味料は和風ベースに。入れすぎに注意する
  7. 乳製品と牛乳は取り過ぎない。牛乳は成人で1日200ml、おおくても400mlまで
  8. できるだけ新鮮なものを新鮮なうちに、あまり加工しない状態で食べる
スポンサードリンク

理想の食事関連ページ

ビタミン、ミネラルは栄養失調気味
日本人はビタミン、ミネラルが足りていない